編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アンテナハウス、企業内システムにPDF機能を組み込むツールの最新版

WebBCN (BCN)

2006-09-13 13:33

 アンテナハウス(小林徳滋社長)は、企業内システムにPDF機能を組み込むためのツール「PDF Tool V2.4」を9月11日に出荷開始した。価格はオープン。同社の直販価格は税別でデスクトップPC用が1ライセンス8000円、サーバー用が10万円。システムインテグレーターや企業のシステム部門向けに販売。ソフトメーカー向けのOEM契約にも対応する。

 「PDF Tool」は、アプリケーションから印刷することでPDFを作成する仮想プリンタドライバ「Antenna House PDF Driver」、PDFの一括生成を行う「PDF Driver API」、既存のPDFへの編集・加工を行う「PDF Tool API」の3つのコンポーネントで構成されるツールキット。

 「Antenna House PDF Driver」では、各種デスクトップアプリケーションの印刷メニューから、印刷操作でPDFを作成することができる。「PDF Driver API」は、企業内システムに「Office」文書をPDF化する機能を組み込んだり、一括PDF作成機能を組み込むことが可能。文書の種類に応じて適切なデスクトップアプリケーションを自動的に動かし、「Antenna House PDF Driver」によってPDF作成を行う。

 「PDF Tool API」は、企業内システムやインターネットシステムなどに、既存のPDFに対するさまざまな処理機能を組み込むためのツール。PDFをページ単位に分割・結合したり、しおり・注釈の設定・削除、透かしの付加などが行える。

 今回の「PDF Tool V2.4」は、6月に発売した「PDF Tool V2」の機能強化版。「Excel」のマクロからの「PDF Driver API」の呼び出しが可能になったほか、PDFを透かしとして挿入できる機能や、PDFファイルの先頭に文字列を挿入する機能も追加した。ユーザーパスワードやオーナーパスワードにバイナリを扱えるようにしたり、暗号化辞書にユーザー独自のエントリを作成する機能も搭載。Javaインターフェイスも追加した。

 アンテナハウスでは評価版も提供する。使用期間は30日間。今回の評価版では、ページ数制限をなくす一方、評価版を指示する透かしが出力されるようにした。また、プログラムも見直し高速化を図った。Windows版に評価版インストーラを用意し、初期設定をインストーラで行えるようにしたほか、マニュアル類もわかりやすく刷新した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]