編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

FTF Japan 2006開催--コンバージド・プラットフォームの可能性を具現化したフリースケール - (page 3)

山下竜大(編集部)

2006-09-14 06:09

 フリースケールではさらに、マイクロソフトのWindows Vista SideShowプラットフォームと.NET Micro Framework、そしてユーザー定義アプリケーションをターゲットとした「i.MXS開発キット」を発表した。この開発キットにより、PCを起動することなく、特定のアプリケーションを実行可能なデバイス製品をSideShowプラットフォーム上で開発することができる。

i.MXS開発キット i.MXS開発キットにより、PCを起動することなく、特定のアプリケーションを実行可能なデバイス製品をSideShowプラットフォーム上で開発できる。

 i.MXS開発キットは、.NET Micro Frameworkもサポートしており、Windows Vista SideShowに加え、時計、テレビ、据置き電話、ラジオなどの小型機器の組み込みアプリケーション開発も可能。フリースケールのi.MXアプリケーションプロセッサを採用することで、設計時間を短縮し、迅速な新製品の市場投入が可能という。i.MXS開発キットの参考価格は499.10ドルとなっている。

 そのほか、PowerQUICC II Pro通信プロセッサと開発用ミドルウェアであるDiXiM Media Serverを採用したデジタルメディアサーバソリューションを紹介。1台のメディアサーバからHD MPEG2ストリームを8台のテレビで同時再生するデモを披露した。

 同ソリューションは、著作権などの権利保護情報を保持したままホームネットワーク上でマルチメディアコンテンツを視聴するための技術である「DTCP-IP(Digital Transmission Content Protection over Internet Protocol)」に対応。コンテンツの権利を保護しながら高精細度ビデオコンテンツを共有し、ホームネットワークに配信することができる。

 このデモは、2006年6月28日にフリースケール、ウインドリバー、デジオンの3社が発表した、DLNAイドライン対応のホームネットワーク向けデジタル家電機器開発環境を提供するという協業を発展させたものだという。

デジタル家電のデモ フリースケールとデジオンのホームネットワーク向けデジタル家電により、コンテンツの権利を保護しながら高精細度ビデオコンテンツをホームネットワークに配信できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]