izaの陰にSOAあり--産経デジタルの「デジタルコンテンツ管理システム」が稼動

CNET Japan Staff

2006-09-21 19:37

 NECとNECソフトは9月20日、両社が共同で構築した産経デジタルの「デジタルコンテンツ管理システム」が稼動したことを発表した。

 このシステムは、既存の新聞製作システムから産経新聞社が保有するニュース素材を直接取り込み、デジタル配信に必要な形式へ再編集・加工した上で各種のデジタルメディアに対して送信するもの。SOA(サービス指向アーキテクチャ)を全面的に採用した。

 NECとNECソフトは、要件定義から2006年6月の第1期本稼動までの5カ月でシステム構築を完了し、産経デジタルが運営するニュース・ブログポータルサイト「iza(イザ!)」の早期立ち上げを可能にした。今回の発表は、第2期の本稼動に伴うもので、これでほかのニュースサイトなどに対するコンテンツ提供が可能になった。

 システム構成は、NECのIAサーバ「Express5800」9台をメディア集配信HUBサーバ、メディアCMSサーバ、ウェブサーバなどに採用。SOAの中核となるESB(Enterprise Service Bus)としてインフォテリアの「ASTERIA Server」を活用している。

 このESBを介し、必要に応じてコンテンツの更新やウェブ/モバイル変換、解禁解除などのサービスコンポーネントを組み合わせて実行する手法を採用しているため、ビジネスプロセスの見直しやサービスの拡充において、システム全体を変更することなく短期間で柔軟に対応することが可能になった。

 NECとNECソフトは、このシステムをほかの新聞社に対しても販売する計画で、今後2年間で10社への提供を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]