編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

CTCSP、内部ネットワーク保護を強化したセキュリティ・アプライアンス

WebBCN (BCN)

2006-09-28 09:48

 シーティーシー・エスピー(CTCSP、岩本康人代表取締役)は、米ForeScout Technologies社(フォアスカウト・テクノロジーズ)のセキュリティ・アプライアンス「CounterACT」を発売した。税別価格は、「CounterACT Fast Ethernet版」が265万円、「CounterACT Gigabit Ethernet版」が585万円。

 フォアスカウト社の従来製品「WormScout」の「IPS(不正進入防止システム)」機能に、新たに「検疫ネットワーク」機能を搭載し、内部ネットワーク保護の要素を強化したのが特徴。

 「検疫ネットワーク機能」は、クライアントPCのアクセスを管理者側のポリシーに応じてコントロールすることによって、コンピュータウィルスなどの増殖などによるネットワークトラブルを未然に防ぐ機能。具体的には、ネットワーク接続時にクライアントPCのOSやウイルス検出ソフトの状態を検知して、最新状態でないときにはネットワークから隔離したり、アクセスを遮断することで、ネットワークトラブルの原因となるクライアントPCのセキュリティレベルを一定に保つ。

 また、「WormScout」同様、シグネチャレスIPS機能を搭載した。「アクティブレスポンステクノロジー」により、シグネチャ(攻撃パターンファイル)がなくても、コンピューターウィルスのネットワーク内部での拡散を防ぐ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]