セールスフォース、来週発表予定の機能をプレビュー--日本でのデータセンター設置も示唆

藤本京子(編集部) 2006年10月03日 20時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来日中のSalesforce.com プレジデント Jim Steele氏が10月3日、東京都内にて記者会見を開催し、9日より米国で開催予定の同社イベント「Dreamforce06」にて正式発表する予定の新機能を一部明らかにした。

 Salesforce.comは、Dreamforceにてオンデマンド型CRMの新バージョン「Winter '07」をリリースする予定だ。その新機能のひとつに、「idea exchange」がある。これは、ユーザーからのフィードバックが容易に得られ、それを迅速に反映していくというオンラインサービスの特徴を生かしたもの。ユーザーは、オンライン投稿フォームで希望する機能を書き込み、それが一般に公開され、他のユーザーもその機能が欲しいと思えば、票を入れることができる。Salesforceは投票数の多い機能から順に実装していくという仕組みだ。

Jim Steele氏 Winter '07バージョンの説明をするJim Steele社長

 またSteele氏は、マッシュアップをダッシュボード上で実現する「Mashboards」も紹介した。これは、分析コンポーネントを提供する企業のサービスをSalesforceのプラットフォームに取り込んで表示するもの。「分析マッシュアップ」ともされるこの機能では、分析ソリューション提供パートナーとしてBusiness ObjectsやOmniture、Visual Miningなどの企業が名を連ねている。

 Salesforce.comでは、将来的には日本にデータセンターを設置することも視野に入れているという。その時期など詳細は決まっていないが、「日本には重要な顧客やパートナーが数多く存在する。日本にデータセンターを設置することで、よりよいサービスを提供することが長期的に日本で成長するためのいい選択肢だと考えている」とSteele氏は述べた。

 セールスフォース・ドットコムの代表取締役社長 宇陀栄次氏も、「このところ日本でも大手企業による導入が進んでいる」と話す。今後については「われわれはパッケージベンダーではなくサービス企業なので、今後は例えば自動車業界や旅行代理店など全く違う業界のサービスとの連携も考えられる。サービスの幅が広がれば、ローカルでのデータセンターの必要性も増すだろう」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化