グリッドコンピューティングの本当のところ - (page 2)

栗原潔(テックバイザージェイピー)

2006-10-04 13:21

 ロッキング処理においてレイテンシが発生すると多くのプロセスが待ち状態になり、どれほど強力なCPUでもスループットを向上できないのだ。多くのビジネスアプリケーションでは、CPUの処理性能よりも、データベースの更新性能がアプリケーションレベルの性能を決定する条件になる。

 ゆえに、グリッドによってこれらのアプリケーションの処理性能を向上することは難しい。数百台のコンピュータを使用するよりも、1台のコンピュータで処理した方が速かったという結果になる可能性が高い。実際、先の例に挙げたSunGridも企業コンピューティングを変革するとの鳴り物入りで発表されたにもかかわらず、現実には蛋白質構造解析や音声合成などのCPU演算中心型の処理にフォーカスしている。

 これは、グリッドに価値がないと言っているわけではない。CPU演算中心型の処理を安価かつ柔軟に行なえるとメリットは重要だ。また、たとえば、データマイニングや金融デリバティブの評価など、一般企業においてもCPU演算中心型アプリケーションの応用範囲は広がっている。

 すなわち、グリッドは特定の研究プロジェクトだけに有効というわけではないのである。ただし、かつてよく言われたように、企業コンピューティングの全領域を変革するというのは、明らかに言いすぎであったと言えるだろう。

別の意味のグリッド

 冒頭でグリッドという言葉の多様性について述べた。特に、2003年にオラクルが自社DBMSが提供するRAC(Real Application Clusters)をグリッドと呼び始めたことで、少なくともIT産業界におけるグリッドとクラスタの区別はきわめて不明確になった。

 今日では多くのベンダーがグリッドとクラスタを同義語で使っているようにも思える。すなわち、特定組織内で閉じており、集中管理されているコンピュータ群もグリッドと呼んでしまうということだ。

 この場合におけるグリッドには、コンピュータ間での負荷均衡機能、自動チューニング機能などにフォーカスが当たっていることが多い。すなわち、自律型(オートノミック)コンピューティングと同様の概念として、グリッドという言葉が流用されているように思える。

 この意味のグリッドでは、数台のコンピュータまでのレベルであればビジネスアプリケーションにおいても処理能力の向上が可能である。オラクルのキャッシュフュージョンなどのテクノロジにより、複数コンピュータ間でキャッシュ情報をやり取りすることで、データベース更新時のレイテンシの影響を最小化可能だからだ。

 それでも、数百台のコンピュータを使って巨大な仮想コンピュータを提供することはやはり非現実的だ。

 このようなグリッドの価値は処理能力の向上というよりも、ワークロード管理の柔軟性に置かれているように思える。前述のように、自律型の管理が可能であり、また、各コンピュータへのワークロードの割り当てや移行等を集中管理できるからだ。

 ここで、「集中管理」と書いた時点で、この意味のグリッドが元々アカデミアで始まった時のグリッドの定義とはまったく相反するものになっていることがわかる。この「グリッド」も将来有望な点は異論がないのだが、より適切な名称を付けるべきではと個人的には思う。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]