編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、OSSサービスのSpikeSourceに出資--「Core Stack」を国内販売へ

ニューズフロント

2006-10-05 12:08

 NECとオープンソースソフト(OSS)サービスのSpikeSourceは10月4日、OSS分野で協業すると発表した。これにともない、NECとNECシステムテクノロジーは、SpikeSourceに対して200万ドルを出資した。

 SpikeSourceは、Apache、Tomcat、PostgreSQL、MySQLなどのOSSを組み合わせて動作検証を行い、「基盤スタック」として販売する企業。各基盤スタックに関するサポートサービスも提供している。独自の自動検証システムを導入しており、検証を短期間で終えられることが最大の特色という。

 今後、NECはLAPP(Linux、Apache、PostgreSQL、PHP)やLAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)、ウェブアプリケーションサーバ、データベースサーバ用の導入支援基盤スタック「SpikeSource Core Stack」とOSをIAサーバ「Express5800」シリーズに搭載し、中小規模市場を対象に販売していく。2006年11月にLinux版スタックの提供を開始し、その後Windows版スタックも販売する予定。

 さらに、SpikeSourceのCRMやビジネスインテリジェンス向けアプリケーションとSpikeSource Core Stackを組み合わせ、国内で販売する。NECのソフト製品とも順次組み合わせていく。

 NECでは、サポートサービスも含めたOSS関連事業の売上高を、今後3年間で170億円と見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]