編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本オラクルとNEC、内部統制アプリ用の導入パックを共同販売--導入期間を4分の1に短縮

ニューズフロント

2006-10-04 18:44

 日本オラクルとNECは10月3日、内部統制システム構築アプリケーション「Oracle Internal Controls Manager(ICM)」の導入を迅速化するパッケージ製品「Oracle ICM導入パック」の販売を開始した。価格(税別)は180万円となる。

 Oracle ICMは、2006年6月に成立した金融商品取引法(日本版SOX法)で求められる内部統制システムの構築を支援するソフト。米国では、300社以上の企業が導入したという。日本語、英語、中国語など複数の言語に対応しているため、海外拠点を持つ企業グループにおいても内部統制環境の構築や維持運用に利用できる。

 Oracle ICM導入パックは、(1)Oracle ICMのインストールや業務プロセス/リスク/統制可視化ソフト「iGrafx FlowCharter 2006 SOX+」との連携設定などを行う「Oracle ICM環境設定サービス」、(2)iGrafx FlowCharter 2006 SOX+との連携用ソフト、(3)内部統制環境の構築/運用手順を視覚化する「内部統制システム運用ガイド」――でから構成されるパッケージ製品。同パッケージを利用すると、Oracle ICMの導入期間を従来に比べ4分の1に短縮できるという。

 日本オラクルとNECはOracle ICM導入パックを共同で販売し、今後2年間で400社への導入を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]