編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

NTTコムウェア、新方式対応で認証時間を短縮したデジタルペンゲートウェイ

WebBCN (BCN)

2006-10-06 13:28

 NTTコムウェア(今井郁次社長)は10月5日、Anoto Components方式に対応したアノト方式デジタルペン専用のアクセスポイント「デジタルペンゲートウェイ」を開発し、同製品を利用したシステム構築サービスを開始すると発表した。

 「デジタルペンゲートウェイ」は、複数のデジタルペンから同時にデータ受信できるアクセスポイント装置。これまではNBOS(Network Based Open Services)方式に対応していたが、今回、Anoto Components方式に対応し、複数のデジタルペンを利用する環境下でより高速で通信できるようにした。

 Anoto Components方式では、ゲートウェイ自身が認証を行うため、デジタルペンの認証などを行うサーバーの設置が不要。デジタルペンの認証などを行うサーバーが必要なNBOS方式に比べ、コスト削減やネットワーク構成の簡略化が図れる。

 また、NBOS方式ではペン1本の送信に20-30秒を要していたが、ゲートウェイとデジタルペンの間をBluetoothで通信することで、送信時間を数秒に短縮した。同時送信の性能についても、「『デジタルペンゲートウェイ』1台あたり30本のデジタルペンの送信を30秒で完了した」(NTTコムウェア広報)という。

 さらに、ウェブを通じて環境設定ができるため、どこからでもメンテナンスができ、従来の「デジタルペンゲートウェイ」の環境設定で必要だった専用端末が不要になった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]