編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

既存PCを利用してサーバベースコンピューティングを実現する--NTTアイティ

CNET Japan Staff

2006-10-12 18:56

 NTTアイティは10月11日、法人ユーザーが対象のサーバベースコンピューティング(SBC)環境を、シンクライアントの代わりに既存のWindows PCをそのまま利用して実現するSBCセットの販売を10月12日から開始すると発表した。

 SBCセットは、VPNを応用した技術「MagicConnect NDL」を使って既存のWindows PCをそのまま利用し、情報漏洩防止とコスト削減を可能にする製品。社内外を問わずシームレスに適用することができる。セキュリティルームに処理PCとしてブレードPCやサーバを設置し、社内の既存のWindows PCをシンクライアントの代わりにそのまま利用できる。

 これにより、社内情報ファイルの流出や持ち出しを防止することや、印刷物の出力先管理が容易になる。個人専用USBキーによってなりすまし利用を防止することも可能で、社外からもシームレスに社内業務を行えるため、業務効率を損なうこともないという。

 価格は、MagicConnectサーバソフトが1サーバあたり315万円。USBキーとブレードPCを組み合わせるエントリモデルは、10ユーザーあたり152万2500円。年間100セットの販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]