編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

IBM、「IBM Information Server」を発表--まったく新しい製品カテゴリの躍進に期待

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-10-17 11:07

 IBMは米国時間10月16日、11月中に多目的「インフォメーションサーバ」をリリースすると発表した。同社の幹部によれば、新しいカテゴリに属す製品で、他社の追随対象ともなるものだという。

 今回の「IBM Information Server」に関する発表は、IBMがカリフォルニア州アナハイムで今週から開催している「Information On Demand」カンファレンスにおいて行われた。

 Information Serverは、一般的には単一アプリケーションの情報を保存しておく従来のデータベースやファイルサーバとは異なり、複数の情報ソースに対するゲートウェイのような働きをして、特定の用途に合わせデータを再フォーマットすることができる。

 例えば、営業用アプリケーションに問い合わせを行い、その結果をほかのソースから取得した在庫データと結合させるといった利用法が考えられる。

 IBMは2006年に入り、同社のソフトウェアおよびサービス事業における成長株として、インフォメーションマネジメントの分野を挙げていた。米国時間10月13日に契約締結が完了したコンテンツ管理サーバ企業FileNetなどの買収を通して、同分野の製品ラインアップ拡充も図っている。

 IBMの「Information on Demand」対応製品およびソリューション担当バイスプレジデントであるTom Inman氏は、IBM Information Serverのリリースによって、同社は複数のコンポーネントを1つの製品にまとめることができるようになったと説明している。

 同サーバには、データを任意の形式に「クレンジング」したり、ほかのソースのデータを記述する「メタデータ」を管理したりするツールが実装されているという。同サーバの基礎となっている技術は、Ascentialやその他の企業の買収によってIBMが取得したデータ統合ソフトウェアのものだ。

 「ごく一部の企業が同種の製品を手がけているが、1つのソフトウェアに各種機能が盛り込まれているIBM製品のような、奥行きと深さを併せ持つものは存在しない」(Inman氏)

 1990年代に登場し、数十億規模の市場を持つに至ったアプリケーションサーバと同じく、豊富な機能を備えたインフォメーションサーバも「まったく新たなカテゴリを形成し、競合社の参入が相次ぐことになる」と、Inman氏は展望を述べた。

 IBMの「DB2」データベースおよび「WebSphere」アプリケーションサーバが同梱されたInformation Serverの価格は、12万5000ドルから。

 Inman氏は、基礎となるインフォメーションサーバと連係可能な特殊アプリケーションを開発していくことが、同社の当面の戦略であると語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]