「Firefoxがマイクロソフトを動かした」 Mozilla Japan、近く新バージョン発表へ

島田昇(編集部) 2006年10月17日 20時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Firefox」がなければ「IE7」はなかった──。有限責任中間法人のMozilla Japanが10月17日に行ったブラウザ「Firefox」の事前記者発表会の席。理事も務めるネオテニー社長の伊藤穰一氏は、近く新バージョンを発表するFirefoxの果たした役割について、このような感想を述べた。

画像の説明 左から砂原氏、伊藤氏、リー氏

 これまで、リアルタイム性や双方向性などオープンな環境がネットの良さである一方、ブラウザ市場は「マイクロソフトの独占状態だった」(伊藤氏)。伊藤氏はこの独占状態を打ち崩すきっかけとなったのがMozillaプロジェクトでありFirefoxあると認識しているため、Firefoxの新バージョン「Firefox 2」 に対する期待は大きい。

 Mozilla Corporation最高業務執行責任者(COO)のJohn Lilly氏によると、Firefoxのネット閲覧ソフト市場シェアは全世界で16%程度。2004年11月から2年弱でこれだけのシェアを確保し、Firefoxの存在を意識して開発されたと見られる「IE7」が登場したことを例に出して、伊藤氏は「マイクロソフトが動いたことは我々の成功の一歩」と胸を張った。

 ただ、Firefoxの国内市場におけるシェアは8.9%と欧米各国と比べて苦戦ぎみ。これに関して日本語化問題以外の理由についてMozilla Japan理事の砂原秀樹氏は、欧米各国が進んでマイクロソフト製品を使用しない傾向にあることとの違いや、「Sleipnir」など競合製品が多いことを挙げている。

 この打開策についてJohn Lilly氏は、「ある機能の追加により3週間で300万件が新たにダウンロードされ、その25%が新規利用者だった。機能強化と改良によりシェア10%を超えればクチコミで15〜20%のシェアには辿り着ける」と語った。

 なお、「Firefox 2」の特徴は「より使いやすく」、「より安全に」、「より快適に」──の3つをテーマに、フィッシング詐欺サイト警告機能などの新機能やタブブラウザの改良などとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算