国産ソフトベンダー団体MIJSにアクセラテクノロジ、エイジアなど4社が参加

CNET Japan Staff

2006-10-24 13:11

 国産ソフトベンダー13社が集結した団体「メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(MIJS)」は10月23日、10月から新規企業が4社加わると発表した。

 今回参加した4社は、検索技術のアクセラテクノロジ、e-CRMソフトのエイジア、ジョブ管理製品のビーエスピー、倉庫管理システムのフレームワークス。

 MIJSは、ソフトベンダーの立場からビジネスに対するITの顧客満足度に応えるため、市場で求められるソフトの製品間連携によるシステム基盤を構築、国内・海外に向けて「日本のソフト」に対する優秀性の認知向上、市場におけるビジネス基盤の強化を図っていくとして、8月7日に設立されている

 MIJSでは、コンソーシアム発表後多くの反響があり、参加の表明も含めて多くの企業からの問い合わせが入っていると説明する。それに対してMIJSでは、「われわれが考えている参加していただきたい企業とは、すでになんらかの実績をもとに、市場で認知されている自社ソフトを保有しているソフトベンダーであることが重要な要素」としている。

 具体的に(1)国産ソフト製品を保有し、そのライセンスとソフト製品の売り上げが全体の過半数を超える(2)あるジャンル(セグメント)でトップシェアを有するか、それに準ずるソフト製品を保有――という条件を設けて参加企業を募っているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]