編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

カブドットコム証券、BCPシステム構築にイージェネラ製ブレードサーバを採用

CNET Japan Staff

2006-10-25 19:06

 イージェネラと日本AMDは10月24日、カブドットコム証券が9月15日に開設した私設株取引システム(PTS)とその基盤となるBCP(事業継続計画)システムの構築に同社のブレードフレーム・システムとそのブレード上で稼動するデュアルコア AMD Opteronプロセッサが採用されたことを発表した。

 BCPシステムは、遠隔地の災害バックアップシステムを含む事業継続阻害要因に対応したシステム。福岡に置かれたメインシステムの被災時には、東京に置かれたバックアップシステムが処理を引き継ぐ。ブレードサーバをクラスタ化し、取引の急増時にノード数を増やすことで対応できるようにした。災害バックアップ機能と福岡にあるシステムの遠隔運用機能は、イージェネラの仮想化技術が利用されているという。

 福岡のメインシステムは 11枚のブレードを搭載し、東京のバックアップシステムは8枚のブレードを搭載する。すべてのブレードは2ソケットまたは4ソケットのデュアルコア AMD Opteronプロセッサを搭載している。

 多くの証券システム基盤が災害バックアップシステムを備えておらず、証券会社のシステムにおいても同様の対応が進んでいない。今回のPTSの基盤であるBCPシステムは、遠隔地の災害バックアップシステムを含む、さまざまな事業継続阻害要因に対応したシステムとしては、証券会社初のものになるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]