IE 7に「なりすましアドレス」の表示を可能にする脆弱性--セキュリティ企業が警告

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-10-26 12:59

 セキュリティ監視会社Secuniaが米国時間10月25日に発表したところによれば、10月18日に提供が開始された「Internet Explorer 7(IE 7)」では、偽のなりすましアドレスを表示したポップアップウィンドウを表示させることができるという。Secuniaでは、攻撃者がこの脆弱性を利用することで、実際には悪意のあるページを閲覧しているにもかかわらず、信頼できるウェブサイトを閲覧していると人々に信じ込ませることができると警告している。

 Secuniaは「この脆弱性を利用することによって、アドレスバーの一部のみを表示させることが可能となる。そのため、ユーザーをだまして彼らが意図していない行動をとらせることができる」と述べている。同社はデモとして、アドレスバーにはMicrosoftのウェブアドレスが表示されているものの、コンテンツはSecuniaのものとなっているポップアップウィンドウを作成、公開している。

IE7

 Microsoftの関係者は電子メールの声明で、この問題は、IE 7のアドレスバーにおけるウェブアドレスの表示方法に起因していると述べている。同関係者は、攻撃者がユーザーをだまして特別なフォーマットのリンクをクリックさせることによって、この脆弱性を利用できるようになると述べている。

 Microsoftは、このポップアップウィンドウではウェブアドレスの左部分が隠されていると述べている。同社は「しかし、ブラウザウィンドウかアドレスバーをクリックした後、スクロールすることで、URL全体を表示させることができる」と説明している。Secuniaのデモでも、実際のSecuniaのURLが表示される。

 Microsoftによれば、この攻撃はウェブサイトが既知のフィッシング詐欺サイトである場合、機能しないという。同社は、IE 7のフィッシング対策機能がこういったウェブサイトを識別し、ユーザーに警告を発すると述べている。同社はまた、今回報告された脆弱性を利用した攻撃が実際に行われた事例を確認していないとも述べている。

 Microsoftではこの問題の調査を継続し、場合によっては修正パッチを提供するとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]