編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

NEC、ウェブアプリ開発環境「Adobe Flex 2」採用のプロジェクト管理ツールを発売

ニューズフロント

2006-10-31 12:56

 NECは10月30日、ウェブアプリケーション開発/実行環境「Adobe Flex 2」採用のプロジェクト管理ツール「ProcessDirector/計画策定機能」を販売開始した。税別価格は1サーバ当たり200万円(100ライセンス)。

 Adobe Flex 2は、米Adobe Systemsのソフト製品。Flash技術を用い、さまざまな画像表現やインタラクティブ性を持つウェブアプリケーションの開発が行える。クライアントにはAdobe Flash Player 9を使うため、ウェブブラウザがあれば利用できる。特殊なActiveXコンポーネントや専用クライアントは必要ない。

 ProcessDirector/計画策定機能でAdobe Flex 2を採用したことで、プロジェクトの計画立案から実績管理までの作業を、ブラウザ上のマウス操作で処理できるようになる。NECでは、「ガントチャート(横線工程表/工程管理図)や線表単位にドリルダウン(細分化)した詳細線表の作成も容易」としている。

 プロジェクト管理システム「ProcessDirector V4.0」と進捗データを連携させると、管理者がProcessDirector/計画策定機能で計画を策定し、プロジェクト担当者がProcessDirector V4.0で実績を入力するといった運用が可能となる。

 NECでは、今後3年間に1000サーバの販売を見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]