編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

TCB、企業向けIP電話のファイアウォール/NAT越えソリューションを開発

CNET Japan Staff

2006-11-07 13:42

 TCBテクノロジーズ(旧トーメンサイバービジネス)は11月6日、IP電話のプロトコルである「SIP」のファイアウォール/NAT越えソリューションを開発したことを発表した。

 このソリューションは、VPNを使用せず、安全に外部からIP電話が使えるソフトウェアとして提供される。同ソフトウェアはTCP/IPトンネリング技術をベースとしており、これを使用すると中間のネットワークに特別な機器を配置せずにファイアウォール/NAT越えを実現できる。

 現在多くのIP電話はプロトコルでSIPを使っているが、SIPは企業ネットワークに必ず存在するファイアウォールやNATを越えられないという弱点を持っている。このために、企業内のユーザーは外出先からVPN接続をしてIP電話を使用している。

 しかしVPNは、IP電話以外のコンピュータにもアクセスできてしまうために、セキュリティの面から導入できない企業ユーザーが多く存在するという。今回のソフトは、こうした問題を解決できるものとして期待されている。

 TCBでは、IP-PBXベンダーなどの通信機器メーカーへのOEM供給を11月中に開始したい考えだ。また、自社開発のビデオ会議システム「Visual Nexus」への組み込みについても検討する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]