編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

dit、ISA Server搭載のCelestix社製アプライアンスサーバー新モデルを発売

WebBCN (BCN)

2006-11-17 10:43

 ディアイティ(dit、下村正洋社長)は、マイクロソフトの「Internet Security and Acceleration(ISA)Server」を搭載したシンガポールのCelestix Networks社製アプライアンスサーバー「MSAシリーズ」の新機種4シリーズを12月1日に発売する。

 税別価格は、「ISA Server 2006 Workgroup Edition」を搭載する「MSA4000i」が108万円、同「Branch Office Edition」を搭載する「MSA4000b」が158万円、同「Standard Edition」を搭載する「MSA5000s」が148万円、同「Enterprise Edition」を搭載する「MSA5000e」が258万円。

 「MSAシリーズ」は、マイクロソフトの「Windows Server 2003」をベースにISA Serverを搭載したことで、高いコストパフォーマンスを実現したアプライアンスサーバー。

 「MSA4000i」は、ウェブセンス社の「Websense Web Security Suite」を標準搭載し、外部からの脅威の防御に加え、不適切なインターネット利用の監視や問題あるサイトへのアクセス防止など、内部のセキュリティコントロールにも対応できる。

 「MSA5000e」は、複数のサーバーを使用してフェイルオーバーや負荷分散が可能なため、ユーザー数1000名を超える大規模なネットワークに導入できる。また、ウェブキャッシュやネットワーク帯域の管理、通信データの圧縮などの機能で、高速で安全なVPN(仮想私設網)を構築できる。

ディアイティ=http://www.dit.co.jp/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]