編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、ビジネスグリッドミドルウェアを発売--経産省プロジェクト成果を取り込む

CNET Japan Staff

2006-11-21 19:34

 NECは11月20日、データセンター内や複数データセンター間でサーバやストレージなどのIT資源の有効活用を実現する基盤ミドルウェア「WebSAM GlobalGridOrganizer(ウェブサム・グローバルグリッドオーガナイザ)」の販売活動を同日から開始すると発表した。

 WebSAM GlobalGridOrganizerは、NECが参加した経済産業省のビジネスグリッドコンピューティングプロジェクトを取り入れたミドルウェア製品。

 今回のR1.0では、ストレージ製品「iStorage S」シリーズのデータレプリケーション機能や統合プラットフォーム管理製品「WebSAM SigmaSystemCenter」のシステムプロビジョニング機能との連携を中心に据えるという。NECでは、プロジェクトの成果に加え、自社製品を中心とした運用管理製品との連携強化を実施する。

 主な新製品の希望小売価格は以下の通り(税別、初年度の保守料金込み)。いずれも12月1日の出荷を予定している。

  • WebSAM GlobalGridOrganizer Standard Edition:1380万円〜
  • WebSAM GlobalGridOrganizer ストレージ連携オプション:1150万円〜
  • WebSAM GlobalGridOrganizer 広域連携オプション:345万円〜

 NECでは今後3年間で50システムに対し「WebSAM GlobalGridOrganizer」の出荷を見込んでおり、サイエンスグリッドを含めたグリッド事業全体で全体で2008年に1500億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]