R・ストールマン氏が来日:「MSとノベルの提携はタイミングがよかった」

林信行 2006年11月22日 20時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「第5回インターナショナルGPLv3カンファレンス」が11月21日、開幕した。これは、フリーソフトウェアのライセンス形態である「GPL(GNU General Public License)」について話し合う2日がかりのカンファレンスだ。今回の議題の中心は、まもなくドラフト第3版ができる同ライセンスのバージョン3(v3)について。初日の21日は、フリーソフトウェアの提唱者でGPLの生みの親でもあるRichard Stallman氏が講演を行った。

 Stallman氏は講演の冒頭、「GPLバージョン2(v2)でも、GPLv3でもGPLの基本精神にはなんら変わりはない」と強調した。

 変化し続ける世の中で、GPLv2の問題点もわかってきた。GPLv3では、「そうした問題点へのディテール的な対処」を加えたものだという。変更内容はいくつかのパターンに集約できる。

 「まず一つはより良い国際対応だ」(Stallman氏)。現行のGPLv2も国際的ライセンス規約ではあるが、英語のライセンス原文を他国語に翻訳した際に、「Distribution」や「Convey」といった一部の語の定義が曖昧になることがわかった。GPLv3では、これらに代わる言葉を用意したうえで、個々の言葉の定義も明確にしている。

 二つ目は「他のライセンスとの互換性」だ。「1990年代初めには、フリーソフトウェアのライセンスといっても、GPL以外にはX11ライセンスくらいしかなかった。(中略)しかし、1999年、Mozillaの登場を機に多くのフリーソフトウェアのライセンスが登場したが、それらの多くはGPLとは相容れないライセンスだった」(Stallman氏)。

 GPLv3では、こうしたライセンスのうち、特にウェブサーバ「Apache」のライセンスと統合開発環境「Eclipse」のライセンスとの互換性に配慮する。

 もう一つの重要な変更は、Stallman氏が「Tivo-lization(ティーボ・ライゼーション)」と呼ぶ、「自由への新しい障壁」に対処することだ。

 TiVOは米国で人気のハードディスクレコーダ。Linuxで動作している同製品だが、ユーザーが改変したソフト(いわゆるハック)をインストールしようとしても、これを受け付けない。「ユーザーが購入した製品を好きな形で使う『自由』を妨げている」(Stallman氏)という。同様の例はTiVo以外にも見つかる。Microsoftは、同社製ソフトしか解読できない暗号技術をWindows Vistaで採用する可能性がある。

 Stallman氏はこうしたトレンドを「Treacherous Computing(不誠実なコンピューティング)」と呼び、「公共の自由を束縛しようとする企業の陰謀」であり「極めて危険なトレンド」と指摘。日米の政府が、こうした企業の陰謀から民主主義的な個人の自由を守るどころか、むしろ企業の陰謀を応援していると厳しく批判した。

 ただし、Stallman氏は、大手企業が過剰な著作権保護のために活用しているDRM(Digital Rights Managements)技術そのものに対しては否定的ではない。

 「実際、GPLの技術を用いてつくられたDRMもある。われわれはDRMを作ることに対して反対するつもりはないが、ユーザーが後から、このDRMを解除するプログラムを作り利用する自由は守りたいと考えている」(Stallman氏)

 またStallman氏は「ソフトウェア特許も大きな脅威だ」と語る。2年前に行われたある調査では、Linuxのカーネルは283のソフトウェア特許を侵害していることがわかった。「今数え直したら数はさらに増えているだろう。大きなプログラムは大抵、数百のソフトウェア特許を侵害しているものだ」(Stallman氏)。

 GPLv2は米国では、開発者をこうした特許問題から救うライセンスとして機能したが、その他の国ではこれが機能しなかった。GPLv3では、Mozillaのライセンスを参考に、こうした問題に対処した。

 ただし、こうした対策でも、まだ不十分であることが、最近わかった。Stallman氏は「NovellとMicrosoftの提携」が「ソフトウェア特許濫用の新たな可能性を示した」という。

 このライセンスの下では、例えばある会社が、Microsoftに対して特許使用料を支払って庇護を求めても、その会社自体は守られても、その会社が提供するソフトの利用者まで庇護することはできない、という。

 Stallman氏は、この問題がGPLv3のドラフト段階で浮上したのは幸運なことであり、最終版ではこうしたことも考慮にいれたいと語った。

 GPLv3では、この他、明確な罰則規定なども設けられるという。講演の後に行われた質疑応答では、Stallman氏が「われわれの活動をオープンソースの活動と一緒にしないでほしい。オープンソースは、道義的問題など、より深遠な問題から目を背けるために、開発システムなどに焦点を向けさせたものであり、われわれの社会的な活動とは異なるもの」と興奮気味に語る一幕やフリーソフトウェアに近い思想が、料理のレシピや辞書(Wikipedia)など、ソフトウェア以外にも広まっていることなどにも触れた。

 なお、講演の模様は同カンファレンスのウェブサイトを通してストリーミング中継された。主催者の特定非営利活動法人フリーソフトウェアイニシアティブは今後、録画した講演を再度、放映できるように準備を進めいるという。

Richard Stallman氏 「オープンソースとフリーソフトウェアを一緒にしないでほしい」と訴えるStallman氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化