編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

BEA SOA 360°を日本でもお披露目--SOA基盤の提案および販売体制も強化する日本BEA - (page 2)

山下竜大(編集部)

2006-12-01 18:44

SOA 360°発表で日本市場の販売体制も強化

 BEA SOA 360°プラットフォームの発表にあわせ、日本BEAシステムズではSOA基盤の提案および販売体制の強化を発表。新製品の発表や関連製品の値下げ、期間限定のキャンペーン、パートナー支援体制の強化などを明らかにした。

日本BEAの廣川氏 日本BEAシステムズの代表取締役に就任した廣川祐司氏。

 2006年11月1日付けで日本BEAシステムズの代表取締役に就任した廣川祐司氏は、「いまなぜSOAなのか? それは企業が変化に即応できるスピードを持つことが、ビジネスに勝つための最大の武器になるからだ。このとき、システムとシステムはもちろん、システムと人、システムと事業を最適なアーキテクチャで統合できることが重要だ」と話す。

 「そのための基盤となるのが、BEA SOA 360°プラットフォームだ」と廣川氏は言う。

 製品関連の取り組みでは、BEA AquaLogic Service Busが1CPUあたり560万円から450万円に、BEA AquaLogic Service Registryが1CPUあたり600万円から475万円に、それぞれ20%値下げされたほか、BEA AquaLogic BPM Suiteを20%引きの価格で提供するキャンペーンを2007年1月31日までの期間限定で実施する。

 そのほかパートナー支援体制の強化として、「AquaLogicソリューション事業推進本部」を2006年9月に設置。プラットフォームパートナーやSI&コンサルティングパートナー、VAR、ISVなど、さまざまなパートナーに向け、AquaLogic製品ファミリーを中核としたSOA基盤の実現に向けた支援を行っていく計画だ。

 廣川氏は、「これまでのSOAは、大企業が全社レベルで実装するか、アーリーアダプタにより実装されてきた。しかし、現在ではSOAはすでに当たり前のアーキテクチャとなり、より多くの企業がSOAを実装したいと考えている。そこで、より導入しやすい価格と支援体制により、スモールSOAを推進することが新しい販売戦略の最大の目的だ」と話している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]