編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

マカフィー、企業向けセキュリティツールの最新版を発表

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-12-05 18:26

 McAfeeは米国時間12月4日、同社の企業ユーザー向けセキュリティ製品の最新版「Total Protection for Enterprise 2.0」を発表した。McAfeeは声明の中で、今回発表された最新版では、Advanced版にフィッシングプロテクション機能が加わったほか、ウイルス対策、スパイウェア対策、ネットワークアクセスコントロールなどの機能が改善されているという。

 McAfee Total Protectionに搭載されている最新のウイルス対策およびスパイウェア対策コンポーネントは、脅威を検知するための方法として、ウイルス定義ファイルのデータベースを利用する従来の技術をはるかに上回る、行動分析技術を採用している、とMcAfeeは述べている。また同社によれば、同セキュリティソフトウェアにはrootkitを検出する機能も備わっているという。rootkitは、ハッカーがPC内で悪意のあるコードを隠ぺいするために使用される可能性がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]