サンの「Niagara 2」、初代チップの低消費電力を継承しつつ高性能化の見通し

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、福岡洋一 2006年12月06日 21時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Sun Microsystemsは、初代「Niagara」(正式名称「UltraSPARC T1」)チップを搭載したサーバが低消費電力だということをしきりに宣伝してきたが、後継チップもそれをやや上回る程度の消費電力ながら性能は飛躍的に高まるとの見通しを、同社幹部がこのほど明らかにした。

 初代Niagaraは、最大限の稼働状態でおよそ70Wの電力を消費する。Sunのシステム担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるJohn Fowler氏は、米国時間12月5日にSun本社で行われた会見の中で、「Niagara 2」の消費電力も70〜80Wになるだろうと語った。

 消費電力は「初代Niagaraよりほんの少し増える」ものの、Niagara 2では、現在は別に電子回路を必要とするいくつかの機能を組み込んでおり、また、同時に処理できる命令シーケンス--スレッド--の数が64と、初代Niagaraの2倍になる、とFowler氏は説明した。

 Niagara 2には、フルスピードの暗号化処理、「PCI Express」入出力(I/O)ポート、4つのメモリコントローラを備えた、10Gbpsのネットワーキング機能が組み込まれている。まさに「システムオンチップ」に向けた流れの一例だ。

 ただしNiagara 2は、FB-DIMM(Fully Buffered Dual Inline Memory Modules)メモリを必要とする。FB-DIMMは、現在のNiagaraサーバで使われているDDR2(Double Data Rate 2)メモリより多くの電力を消費する技術だ。実のところ、Niagara 2のシステムの消費電力が初代Niagaraより多くなるかどうかを、メモリが左右する。

 「メモリ容量の大きいシステムでは電力消費は多くなる。メモリが小さければ、Niagara 2のシステムの電力消費は少なくなる」と、Fowler氏は言う。

 Sunは、初代Niagara搭載サーバを2005年に発売し、このシステムは現在、四半期あたり1億ドル以上の売上を記録している。Niagara 2搭載モデルは2007年後半に登場する予定だ。両システムは、ドットコムバブルがはじけて以後、Sunが失った影響力や市場での地位を回復する戦いで最前線を担う製品ラインとなる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算