編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、PCI-ExpressとLANを統合した次世代インターフェイスを開発

WebBCN(BCN)

2006-12-08 12:19

 NEC(矢野薫社長)は12月6日、PCI-Expressとイーサネットを統合した次世代のインターフェイス「ExpEther」を開発したと発表した。

 「ExpEther」では、サーバーやストレージ、ゲートウェイルーターなどの内部を流れるPCI-Expressのデータをイーサネットに載せ替えて転送が可能で、多数のハードウェアをイーサネット上で接続できる。また、システムの再起動が必要だったPCI-Expressデバイスの追加削除を、システムの再起動なしで行うことが可能。そのため、既存のサービスを止めることなくハードウェアが追加できる。

 さらに、イーサネット上でネットワークを仮想的に分離するVLAN機能を使うことで、ハードウェアを任意に組み合わせてサービスを提供できる。さらに、従来はIT系/NW系ハードウェアで分離していたバス接続を、単一のネットワークで統合して一体化管理できるため、ハードウェアの管理も容易に行える。

 NEC では今後、CPU上で実行されるOSやミドルウェア、アプリケーションなどのソフトウェア側の拡張性向上技術と「ExpEther」を組み合わせたシステム構成方式の研究開発を進め、拡張性・信頼性の高いNGNサービスを提供する次世代サービスプラットフォームへの適用を図る。

NEC=http://www.nec.co.jp/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]