ヴイエムウェアを追撃--ゼンソースとバーチャルアイアンから仮想化ソフトの新製品

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年12月12日 16時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 XenSourceとVirtual Ironは米国時間12月11日、無料版を含むそれぞれの新製品を発表した。

 XenSourceがリリースした無料版の製品は「XenExpress」。同製品は、同社の主要製品である「XenEnterprise」ソフトウェアと同様、仮想マシンと呼ばれるコンパートメント内で複数のOSを同時に稼動させることができる。ただしXenEnterpriseと異なるのは、ユーザーは同時に1台のサーバしか管理できない点である。

 Virtual Ironはそれと競合する同社のソフトウェア製品のバージョン3.1を発表した。バージョン3.1ではLinuxに加え「Microsoft Windows」もサポートする。4ソケットサーバ1台までなら、この製品を無料で利用できる。複数のサーバで利用する場合は、1ソケットあたり499ドルかかる。

 両社は互いをライバル視する一方で、VMwareも主な競争相手であると位置づけている。EMC傘下VMwareは、Intelの「Xeon」やAdvanced Micro Devices(AMD)の「Opteron」などのx86プロセッサを用いたサーバ向けの仮想化ソフトウェアを先陣を切って開発した企業であり、最大の市場シェアを誇る。

 従来、XenではLinuxなどのOS上で稼働し、またLinuxを主な動作対象としてきた。しかし、AMDやIntelの比較的新しいチップが持つハードウェア機能を用いながら、Windowsを起動することもできる。また新製品「XenServer」はWindowsサーバ環境向けの仮想化製品となっている。

 仮想化は今注目の技術だ。1台のサーバで複数のOSを動かすことで、マシンの稼働効率を向上させることが可能であるというのがその主な理由である。しかし、同技術の専門家は仮想化のメリットについて、新しいシステムを迅速に立ち上げられる点や、サーバアプリケーションを柔軟に稼働させて作業付加の要求に容易に対応できる点なども挙げている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化