編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

味の素、受注出荷業務システムにスターリングコマースの「Yantra」を採用

CNET Japan Staff

2006-12-14 00:02

 スターリングコマースはこのほど、同社のSOA(サービス指向アーキテクチャ)ベースのサプライチェーンアプリケーションスイート「Yantra(ヤントラ)」が、味の素の受注出荷業務システム(OMS)に採用されたことを発表した。

 味の素では、ERPパッケージ(統合基幹業務パッケージ)を含む複数の製品を検討した結果、多品種・大量受注の処理が可能なこと、グループ会社固有のビジネス要件に合わせたカスタマイズや機能追加が可能なこと、そして海外での大手企業への導入実績を評価し、「Yantra Distributed Order Management(Yantra DOM)」を採用した。

 システム導入により、グループ3社で基幹システムを共同利用する構想を実現するとともに、受注から在庫引き当てまでの業務効率を向上させたい考えだ。コスト削減も見込んでいる。

 Yantraは、複数企業間連携を考えてマルチエンタープライズアーキテクチャ(MESA:Multi-Enterprise Service Architecture)上で構築された、サプライチェーンコラボレーションを実現するSOAベースの実行系SCMコンポジット・アプリケーション。Yantraを導入することにより、オーダーサイクルの短縮、注文遵守率の向上、在庫削減、サービスレベル標準化による顧客満足度の向上、経営情報の集積と内部統制対応を実現できるという。

 今回採用された販売管理ソリューションであるYantra DOMは、オーダー発生から顧客への納品までのプロセスを可視化・最適化するというもの。販売チャネルをまたがった複数オーダーの一元的な受け付け、そのステータスの管理・実行機能を提供できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]