マイクロソフトCEOのバルマー氏、Vista後を語る(後編)

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年12月20日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク発--2006年の年末商戦は必ずしもMicrosoftの期待通りには進んでいない。

 登場が待ち望まれていたMicrosoft初の携帯音楽プレーヤー「Zune」は、批評家の間で評価が分かれており、消費者の反応もにぶい。11月30日にはようやく「Windows Vista」が登場したが、企業向けバージョンのみだ。「Windows XP」の後継として、5年以上をかけて開発してきたWindows Vistaを、Microsoftは肝心かなめの年末商戦に消費者の手に届けることができなかった。同社の第2のドル箱商品である「Office 2007」も同様だ。

 それでも、Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏は不安はないと言う。会長のBill Gates氏と同様に、Ballmer氏もZuneはいずれ、Apple Computerの「iPod」に迫る存在になると見ている。Microsoftは11月30日にWindows VistaとOffice 2007を企業ユーザー向けにリリースした。これは大企業の内部で厳しい実地テストが始まることを意味する。消費者がWindows VistaとOffice 2007を手にするのは2007年の1月30日になる。

 大々的に報じられることはなかったが、Microsoftは11月30日にExchange Serverの新バージョン、セキュリティソフトウェア、データマイニングツールなど、30を超えるエンタープライズソフトウェア製品も発売した。これらの製品が同社の収益に与える影響はVistaやOfficeと同じくらい大きい。これらの製品やその他の製品により、WindowsはVoIP、ビジネスインスタントメッセージング、ビデオといった技術をより効果的に扱うことができるようになるだろう。

 先頃、Ballmer氏はCNET News.comのインタビューに応じ、Vista後の世界、iPodとの戦い、モバイルデバイスの重要性の増大などについて語った。本記事はそのインタビューの後編となる。

--「Windows Vista」の消費者向けバージョンは2007年の1月30日に発売されるという話が出ました。発売イベントの開催地は教えていただけないと思いますが、企業向けバージョンと比べて、どのくらいの規模になるのか、ヒントを教えていただけませんか。

 この2つはまったく別のものです。現在、われわれは事業部門やIT部門の担当者を対象に200から350、400ほどのセミナーを開催し、世界各地で宣伝を行っています。企業顧客に商品をアピールする方法としては、セミナーはかなり効果的です。現在はこういったことをしています。

 一方、「Office」ではいくつかの新機能をインターネット上で試す--試してから買うことができるようにするつもりです。広告キャンペーンも展開します。VistaとOfficeの両方です。実際に製品を使ってみることができるようになれば、この期間にはたくさんのことが起きるでしょう。

--消費者向けバージョンの発売時に、Vistaと「Windows Live」の連携が強調される可能性はありますか。

 あります。もしかしたら、消費者向けバージョンの発売に合わせて、新しい展開を発表することになるかもしれません。

--Googleを始め、多くの企業がワードプロセッシングなどの機能をウェブサービスとして提供しています。クライアント版Windowsの次期バージョンでは、従来の画一的なやり方--数年おきに大型リリースを発表するというやり方と、他社から登場しつつあるウェブサービスのペースをどう調整していくつもりですか。

 WindowsとWindows Liveです。これらのものは商業的な意味ではつながっていなくても、ブランドと経験はつながっているはずです。Windows Liveの(開発・リリース)サイクルはそれにふさわしいものとなり、コアのハードウェアを動かしているもの--つまり、Windowsの(開発・リリース)サイクルはそれにふさわしいものとなるでしょう。

 Windowsや一部のユーザーインターフェースは、もっと動的なものにすることができます。しかし、ハードウェアの動作、メモリの管理、プログラムの実行などを担っている、確固とした部分に関してはどうでしょうか。ユーザーがそのようなものを少しずつ入手したい、頻繁に更新したいと考えているかどうかは私には分かりません。

 この領域では、頻繁なリリースは求められていないと言うこともできます。エンドユーザー向けの機能や開発者向けの選択肢に関しては、もっと活発な活動が求められるかもしれません。たとえば、「Visual Studio」のランタイムやWindows Liveの領域では、絶えず新しいファイルがリリースされるようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化