編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

アップル、「QuickTime」の脆弱性を修復

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-12-21 10:06

 Apple Computerは米国時間12月19日、「QuickTime」の脆弱性を修復するパッチをリリースした。同脆弱性には、Macに保存されている情報を外部の攻撃者に露呈させるおそれがある。脆弱性は「QuickTime for Java」に存在しており、サーバおよびクライアント双方の「Mac OS X 10.4.8」に影響をおよぼすが、Windows版QuickTimeは問題ないと、同社が発表した警告には記されている。修復アップデートは、Appleのウェブサイトから入手できる。

 攻撃者はJavaアプレットをQuickTime for Javaと使用して、埋め込まれたQuickTimeオブジェクトが画面上に表示するイメージを取得し、それらを攻撃の発信源であるウェブサイトに送るという。こうした手法がAppleの「Quartz Composer」と組み合わせられた場合、ローカル情報を含むイメージが取得されてしまうおそれがあると、Appleは警告している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]