編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

日本AMDとMS、AMD64プロセッサ/Longhornサーバ対応アプリの開発を支援

ニューズフロント

2006-12-22 21:10

 日本AMDとマイクロソフトは12月21日、次期Windows Server OS「Windows Server“Longhorn”」(開発コード名)のAMD64プロセッサ版について、同OS向けアプリケーションの開発を支援する活動「AMD64/Windows Server“Longhorn”対応ソフトウェア開発支援プログラム」を発表した。

 両社は、デル、日本IBM、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の協力を得て、「Windows Server 2003 R2、x64 Editions」とAMD Opteronプロセッサを搭載した各社のサーバを、アプリケーション開発用に無償で貸し出す。Windows Server“Longhorn”のベータ版も提供する。

 また、Windows Server “Longhorn”でのx64対応アプリケーションの構築方法や最適化などに関するセミナー、コンサルティングを実施するほか、専用の問い合わせ窓口を設置し、開発者の支援を行う。ERPや大規模データウェアハウスなど、大規模ソフト向けの評価施設も用意する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]