UMLって何のためにあるの? - (page 2)

小笠原記子(ウルシステムズ) 2006年12月22日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

UMLで何ができるのか

 UML2.0では全部で13種類の図が規定されています。これらの図を目的に合わせて使い分けることで、静的又は動的にシステムを視覚的に表現することが出来るのです。実際の現場でよく使われる図をいくつか紹介しましょう。

クラス図

 クラス図では、システム化対象である業務の主要な情報を「クラス」として定義し、クラスの特性やクラス間の関連などを静的に表します。これによって、例えば取引先には法人と個人の2種類があり、取引先からの受注には商品ごとに明細を作成する、というようなことを下記のような図で表現することができます。

クラス図 クラス図

 クラス図中にある「1」や「*」は多重度と呼ばれ、それぞれ「1つ」「複数」と読みます。この例の場合、取引先1つに対して複数の受注があり得る、1つの受注には複数の商品明細があり得る、という意味になります。

シーケンス図

 シーケンス図では、処理の流れや実行タイミングといった動的なシステムの振る舞いを表します。細かいロジックを記述することはできませんが、文章での説明と比べて理解しやすいため、複雑な処理を説明するときなどに使われます。

シーケンス図 シーケンス図

 他にも、ものの状態や状態が変化するタイミングを表す「ステートマシン図」や、システムの機能とその実行者の関係を表す「ユースケース図」などもよく使われます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]