編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

ボストン レッドソックスに貢献するEMC

CNET Japan Staff

2006-12-25 19:31

 EMCは12月25日、同社のネットワークストレージシステムがマサチューセッツ州ボストンに拠点を置く野球チームBoston Red Soxに採用されていることを公表した。EMCは、Red Soxと同じマサチューセッツ州に本社を構えている。

 EMCは、Red Soxの情報インフラストラクチャに関する公式プロバイダとして、デジタルビデオシステムをはじめとする数々のアプリケーションやサービスを提供している。EMCのインフラを通じて、Red Soxの過去数年分の全試合を記録したビデオにアクセスできるようになっている。

 Red Soxに導入されているのは、合計15テラバイトのネットワークストレージシステム。SAN(ストレージエリアネットワーク)環境には、NASゲートウェイの「EMC Celerra」が含まれている。導入されている2台のシステムのうち、「EMC CLARiX CX700」は、ホームゲームに利用するデジタルビデオシステムなどをサポートする。もう一方の「EMC CLARiX CX500」は、すべてのアウェイゲーム用としてチームとともに移動する。ストレージ管理ソフトウェアには、「EMC Navisphere」を活用している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]