2007年の展望--注目が集まるEnterprise 2.0

平古場浩之(みずほ情報総研) 2007年01月01日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WikiPediaやMySpace、YouTube、そしてGoogleなどのWeb2.0を代表するインターネットサイトが、新聞や雑誌、テレビなどの既存メディアをしのぐほどの存在感と影響力を持ちはじめている。

 わたしたち利用者が発信する情報は、これらのサイトからインターネットを通じてあっという間に世界中に配信されていく。たったひとりの意見から、さまざまな立場の人々の共感の連鎖を呼び、世論に対して非常に大きな影響をおよぼすことも可能だ。

 2006年における、米タイム誌の「People of the Year」に選ばれた「You」は、その事実を追認したにすぎない。

 Web 2.0に総称されるインターネットの技術や思想は、エンタープライズ領域にも波及しはじめている。このような動きは昨年の夏ごろから「Enterprise 2.0」と呼ばれており、2007年最も注目されているキーワードのひとつである。

 マサチューセッツ工科大学のAndrew MacAfee准教授によれば、Enterprise 2.0とは「企業内や企業間、あるいはパートナーや顧客との間で自由にソーシャルソフトウェアプラットフォームを活用する」ということである。

 ここでソーシャルソフトウェアとは新しい造語ではなく、あるグループ内におけるコミュニケーションや情報共有を支援するソフトウェアのことを指す。

 わたしたちは、自らを取り巻くさまざまな利害関係者との間で、会議や電話、メール等を利用したコミュニケーションを行い、インターネットをはじめさまざまなメディアを通じて情報を収集し、分析、資料の作成、報告など行っている。こうした作業は、特定の組織やチームだけでなく、企業内外のさまざまな利用者との協働作業によって運営される。

 このような活動を支援するためには、組織体系やあらかじめ設定されたコミュニティにとらわれない、利用者が自由に協働作業を行うことのできるプラットフォームが必要となる。

 たとえばSNSでは、利用者が必要に応じて自由にコミュニティを作り、アメーバのように集合と離散を行うことができる。また、Wikiやソーシャルブックマークでも、タグを共有することで、仮想的にコミュニティを形成し、情報を共有することで協働作業を実現することは可能だ。

 これまでのグループウェアなどに代表される従来の情報共有系のソフトウェアとはどうちがうのだろうか。情報やノウハウを蓄積し、これを体系的に整理するコミュニティをあらかじめ個別に用意することで、複数の利用者による協働作業のソフトウェアでの実現を試みてきた。

 

 だが、システム管理者が利用者の要請に従って都度コミュニティを作成する必要のあるグループウェアでは、現実の運用に対応することが難しい。これでは、利用者が必要とするコミュニティカバーできず、情報共有や、協働作業の大部分をソフトウェア上で支援するような仕組みが実現できない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算