編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

ウォッチガード、小規模ユーザー向けUTMを発表

CNET Japan Staff

2007-01-17 22:28

 ウォッチガード・テクノロジージャパンはこのほど、セキュリティアプライアンス「Firebox X eシリーズ Edge」の機能強化と新モデルを発表した。

 Edge向け新OS「Edge v8.5」で、新たにウイルス防止、迷惑メール対策を追加導入することを可能にした。脅威対策をPOP3プロトコルでもサポートする。

 これにともなう新モデルとしてUTM(Unified Threat Management、統合脅威管理)対応モデルを発表。このモデルには、ウイルス防止、迷惑メール対策、ウェブアクセス対策および1年分のサポート保守が含まれている。

 利用者数が50以下の小企業、小規模事業所が主なターゲットとなる。

 参考価格は、X55eが23万4000円、X55e UTM対応モデルが30万6000円。今後12カ月間で3000台の販売を目指す。2月1日に出荷する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]