「Windows Vista」を広めるマイクロソフトの新戦略

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、小林理子 2007年01月19日 10時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは家中に「Windows Vista」を浸透させたいと考えている。

 期間限定としてMicrosoftが告知しているのは、「Windows Vista Ultimate」エディションのパッケージ版を購入するユーザーを対象に、家庭内のあと2台までのPCに対するライセンス価格を値引きするというものだ。追加のPC1台に対するライセンス料は50ドルとなり、これで購入者は別のPCに「Windows Vista Home Premium」エディションをインストールできる。

 「これは、われわれが『非常に積極的な関心をもつ顧客』と呼ぶ顧客を対象にしている」とWindowsマーケティンググループでディレクターを務めるBill Mannion氏は語った。こういう顧客は1台以上のPCを所有していることが多いのだという。「こうした非常に積極的な関心をもつ顧客が、家庭にある複数のPCをアップグレードしてくれるように打ち出した特化プログラムだ」(Mannion氏)

 同プログラムは米国とカナダでのみ提供され、実施期間はVistaが正式に発売される1月30日から6月30日までとなっている。

 「終了時点で、当プログラムを評価し、変更を行うかどうか決定する予定だ」とMannion氏は語る。

 Appleは何年にもわたり自宅にコンピュータを複数台所有するユーザーに優遇措置をとっている。2002年に同社は、家庭内の最大5台のMacを「Mac OS X」最新版にアップグレードできる製品を199ドルで発売した。Appleはいまでも同価格でファミリーパックを販売しており、この価格はPC1台に対するライセンス価格に70ドル上乗せしただけだ。

 Microsoftはこれまでこうしたプログラムを提供するかどうか考慮を重ねてきた。WindowsチーフのJim Allchin氏は2006年、こうしたファミリーパックは「素晴らしいアイデア」だとCNET News.comに語っていた。

 Microsoftは、Windowsのパッケージ版を購入したユーザーを対象に、追加のPCに対して10%を値引きするというプログラムを現在すでに提供中なのだが、あまりよく知られているとはいえない。このプログラムはVistaでも続行する予定だとMannion氏は語っている。新しいプログラムは、最上位版のVista Ultimateの購入者向けのものであり、Vista Ultimateの価格はアップグレード版で259ドル、新規PC用では399ドルとなっている。

 Microsoftは多くのPCにVistaを浸透させるために、ほかにも新しい方法を取り入れている。その1つは「Anytime Upgrade」と呼ばれるもので、ユーザーが店舗に出かけることなく、OSのバージョンをより上位のバージョンへ簡単に移行できるようにする。

 同社はまた、顧客がAnytime Upgradeを利用するようにコンピュータメーカーや小売店がキャンペーンなどを行うことを認めており、メーカーや小売店の参加に期待を寄せている。宣伝に成功した場合、メーカーや小売店は売上からマージンを受け取ることになる。

 ユーザーが、Vistaに備わっているAnytime Upgrade機能を利用すると、アップグレード版を購入するウェブサイトに誘導される。ユーザーがダウンロードするのはプロダクトキーだけなので、どれを選んでいるのかは明示されない。ソフトウェア自体は、Vista搭載PCのハードドライブもしくはコンピュータに付属するDVD、あるいはWindowsのパッケージ版DVDのいずれかに納められているので、すでにユーザーの手元にはすべてのエディションがある。

 Anytime Upgradeの指示価格は次のようになっている。

  • Home BasicからHome Premiumへアップグレード:79ドル
  • Home BasicからUltimateへアップグレード:199ドル
  • Home PremiumからUltimateへアップグレード:159ドル
  • BusinessからUltimateへアップグレード:139ドル

 Vistaを購入するもう1つの選択肢は、Microsoftのオンラインソフトウェアサイト「Windows Marketplace」から直接ダウンロードすることだ。Microsoftはまず、「Microsoft Office」およびWindows Vistaの新リリースを標準価格でダウンロードできるようにしようとしている(CNET News.comの出版元であるCNET NetworksはWindows Marketplaceの提携企業となっている)。

 Microsoftは新たな手法、特にソフトウェア購入をオンラインにシフトすることによって、消費者と直接結びつこうと務めていると、Mannion氏は述べた。また、IDCの予測によれば、オンラインでダウンロードされるソフトウェアの増加率は2009年までに年間34%だというし、Gartnerは、2008年までにコンシューマーソフトウェアの80%はオンラインで配布されると予測しているのだと、同氏は語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化