編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日本HP、Windows XP搭載の法人向けノートPC、XP継続利用を想定して投入

WebBCN (BCN)

2007-01-19 11:47

 日本ヒューレット・パッカード(小田晋吾社長)は1月18日、OSにWindows XPを搭載した法人向けノートPC「HP Compaq 500 Notebook PC」を発売した。価格は7万3290円。新OS「Windows Vista」発売後も既存の環境を使い続けたい企業を対象に拡販を図る。

 Vistaの前のOSのWindows XPでは、発売3年後でも企業内の利用は約30%にとどまっていたことから、同社では、今回も現行OSを利用する企業が多いと判断。XP搭載モデルを販売することとした。

 「HP Compaq 500 Notebook PC」は、WXGA対応の14.1インチワイド液晶を搭載したA4ノートPC。新型きょう体を採用し、光学ドライブを内蔵しながら2.2kgの軽量を実現した。仕様は固定で、Celeron M 360(1.40GHz)、256MBのメモリ、40GBのHDD、DVD-ROM/CD-RWコンボドライブなどを搭載する。

日本ヒューレット・パッカード=http://welcome.hp.com/country/jp/ja/
「HP Compaq 500 Notebook PC」=http://www.hp.com/jp/HP500

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]