編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

PFU、機能強化したドキュメントファイリングソフト「楽2ライブラリ パーソナル V4.0」を発売

仲田玲子

2007-01-22 21:33

 PFUは1月18日、ドキュメントファイリングソフトウェア「楽2ライブラリ パーソナル(らくらくライブラリ パーソナル)」の機能を強化し、「楽2ライブラリ パーソナル V4.0」として2月10日より販売すると発表した。

 楽2ライブラリ パーソナルは、紙文書や電子データを電子バインダに一括ファイリングし、パラパラめくりで閲覧できる紙文書電子化ツール。書棚やバインダを再現したわかりやすいGUIを利用し、日常のファイリング手法をそのままパソコンに取り込んだ。

 楽2ライブラリ パーソナル V4.0では、Windows Vistaに対応するとともに、ファイルの編集作業と紙文書の電子化作業を効率化した。新機能として、ページの束ね、ばらし、分類といった編集作業が効率的にできる「作業デスク機能」を加え、日常の文書管理を再現したリアルなGUIをさらに進化させた。

 また、コンパクト両面カラースキャナー「ScanSnap」からの取り込み機能を拡大し、スキャニング時にデータを取り込む電子バインダを指定することで、楽2ライブラリを起動することなく、指定した電子バインダに紙文書を直接取り込める。さらに、インデックス単位でページのコピーや移動、削除を可能とし、スタンプ機能などが追加された。

 受注は1月18日より開始。販売目標として、1年間で2万本を掲げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]