編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日立情報、データベースへのアクセスをリアルタイム監視するサービス

CNET Japan Staff

2007-01-22 22:02

 日立情報システムズ(日立情報)は1月22日、情報システムのデータベースサーバへのアクセスをリアルタイムに監視、記録するセキュリティ製品「SQL Guard」を活用したデータベースセキュリティ対策サービスを同日より開始すると発表した。

 SQL Guardは、日本国内でのマスターディストリビュータとなるエアーが販売する米Guardiumの製品だ。データベースへのアクセスログ蓄積、不正アクセスの監視、アクセスログの継続的な分析、監査などの機能を搭載する。

 今回日立情報は、SQL Guardの販売、導入・構築サービス、アウトソーシングサービスなどを顧客ニーズに応じて切り分けて提供する。日立情報は、このサービスを「中期経営計画 2007−2010」の事業戦略に掲げたシステム運用事業強化の一環として展開し、中でもデータセンターとシステム運用ノウハウを生かせるアウトソーシングサービスに力を入れて売り込みたい考えだ。

 今後2年間で100社、10億円の売上を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]