編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

サン、インテル採用を再開--「Solaris」最適化でも協力 - (page 3)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-01-23 11:43

 Sunは、4プロセッササーバ用に設計され、2007年第3四半期に出荷が予定される4コアチップのIntel「Tigerton」Xeonを搭載したサーバも発売する、とGelsinger氏は述べる。

 一方のAMDは、Intelとの間で復活した競争に打撃を受けており、先週には決算が予想を下回るとして警告している。しかしBrookwood氏は、AMDはサーバ市場でも比較的安泰だと考える。

 同氏はAMDのビジネスについて、「サーバに関しては価格競争が激しいとは思わない」と述べている。Intelは先週、前四半期に同社製サーバ用チップの平均販売価格が上昇したことを明らかにしている。

 Sunの方針転換は、x86サーバ市場における競争の激しさを物語っている。これまでIntelだけを採用してきたDellが正反対の動きを見せてAMDを追加採用し、IBMがAMDサーバのフルラインを初めて発売してきたが、そのわずか数カ月後にはSunが今回の措置を決定した。

 何年間も自社製SPARCプロセッサ搭載サーバだけを販売してきたSunは、Intelベースの「LX50」システムを2002年に投入する程度で、x86サーバ市場参入にはあまり積極的でなかった。しかし、より本格的x86モデルの「Galaxy」はAMDの「Opteron」を2005年から採用している。

 SunがIntelプロセッサの再採用を否定したことは一度もなく、Sunのx86サーバの設計主任Andy Bechtolsheim氏が9月のIntel Developer Forumに姿を見せるなど、両社が共同開発を進めている徴候もあった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]