編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

三菱電機、基幹業務サーバの最上位モデルを発表、デュアルコアXeonを2個搭載

ニューズフロント

2007-01-24 19:47

p> 三菱電機は1月24日、基幹業務向けサーバ製品系列「Entranceシリーズ」の最上位モデル「Entrance DS2000V」の受注を1月25日に開始すると発表した。税込み価格は、2億1000万円からとなる。

 Entrance DS2000Vは、販売管理や生産管理、経理などの業務システムを1台でカバーするサーバ。三菱電機では、「仮想化技術の採用とサービス指向アーキテクチャ(SOA)基盤の標準搭載で、業務システム全体の連携を強化する」としている。

 動作周波数3GHzのデュアルコア インテルXeonプロセッサーを2個搭載し、内蔵メモリ容量は標準で2Gバイト、最大で24Gバイト。ストレージ容量は、標準810Gバイト、最大3.5テラバイト。2560台の端末を接続できる。

 対応OSは、三菱電機の「DP-UX」と、Microsoft Windows Server 2003。アプリケーションサーバやデータベースサーバなどのソフトを標準搭載する。

 三菱電機では、Entranceシリーズ全体で年間1500台の販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]