編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

アップル、「AirPort」の脆弱性に対応するアップデートをリリース

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-01-26 16:47

 Appleは米国時間1月25日、セキュリティアップデート「AirPort Extreme Update 2007-001」をリリースし、同社の無線LAN製品「AirPort」(日本での製品名は「AirMac」)に存在する脆弱性を修正した。

 Appleがセキュリティ警告で明らかにしたところによると、このセキュリティアップデートは、サーバとクライアントの両バージョンの「Mac OS X」に影響を与える脆弱性を修正するという。この問題は、OSに関係した新しいバグを11月中に毎日1件ずつ公開するプロジェクト「Month of Kernel Bugs」の一環として2006年11月に明らかになった。

 この脆弱性を悪用することで、攻撃者は脆弱性のあるMacに対し、無線LAN経由で悪意あるデータを送ることを可能にしてしまう、とAppleは説明している。同社はまた、「すぐ近くにいる攻撃者が、悪意を持って作成したフレームを脆弱性のあるシステムに送ることで、システムクラッシュを生じさせることができる」とセキュリティ警告に記している。

 この脆弱性は、Intelの「Core Duo」プロセッサを搭載し、無線LANをサポートしている「Mac Mini」「MacBook」「MacBook Pro」が影響を受ける。「Core 2 Duo」を搭載した同型機種を含むそのほかの製品は、影響を受けないという。

 Appleによると、今回のセキュリティアップデートでは、無線通信フレームの検証機能を追加したという。このアップデートは、Mac OS Xの機能である「Software Update」、もしくは同社サイトの「Apple Downloads」ページからダウンロードすることができる。

 Mac OS Xの脆弱性に関する報告は増加しており、一部の専門家はMacintoshプラットフォームはもはやセキュリティ問題とは無縁ではないと述べている。それでも、セキュリティ脆弱性のほとんどが、Windows PCに影響を与えるものだ。また、これまでのところ、Macへの攻撃はほとんど報告されていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]