編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本HP、教育機関向けにシングルサインオン製品の低価格版を発売

ニューズフロント

2007-01-26 22:37

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は1月26日、複数のウェブアプリケーションを連携し、シングルサインオン(SSO)機能を付与するシステム「HP IceWall SSO」について、教育機関向けの低価格版「HP IceWall SSO アカデミックトライアルパック」を発表した。2月1日〜10月31日の期間限定で販売する。

 最近は大学などで、学生の科目履修登録や休講連絡といった各種事務を認証機能付きウェブアプリで行う事例が増えている。しかし個人情報管理などに必要なセキュリティ製品の高額さから、導入できない教育機関もあるという。

 アカデミックトライアルパックでは、そうしたITインフラにかけられる予算が少ない教育機関を顧客に見込む。提供対象は文部科学省認可の4年制大学や短期大学のほか、高等専門学校、専門学校とする。

 パッケージ構成は「IceWall SSO 8.0 Standard Edition GtoC user License」(無制限ユーザーライセンス)1個と、「IceWall SSO 8.0 Standard Edition Server Package License」3個で、これに1年間の保守サービスを付属する。価格は336万円。代理店経由のみで販売し、1校あたり1システムまで提供する。

 HP IceWall SSOの販売代理店はSCC、ソラン、NEC、日立製作所、日立ソフトウェアエンジニアリング、三菱電機インフォメーションシステムズ、理経の7社。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]