2006年PC出荷は前年比3.6%減の1364万台--ガートナー調べ

奥山順子 2007年01月30日 15時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナー ジャパンのデータクエストは1月29日、2006年の日本のPC市場の出荷台数を発表。それによると、大規模企業の買い換えの「谷」と個人需要の減退が影響し、ベンダー出荷台数は前年比3.6%減の1364万台となった。

 企業市場、政府・官公庁市場、教育市場からなる法人市場は中小規模企業市場が新規購入および買い換えなどへの積極的な投資を継続的に行ったことから、2ケタ成長を維持。その一方で、大規模企業市場は西暦2000年問題前後に購入されたPCの多くが2004年に買い換えられたことから、2006年における需要は少なく2ケタの減少。法人市場全体では前年比0.2%減(シェア59.3%)となった。

 個人市場は地上デジタル(地デジ)テレビに需要が奪われたことやWindows Vista出荷前の消費者の買い控えおよびベンダーの在庫調整などが影響し、前年比8.0%減(シェア40.7%)となった。

 さらに同社では個人需要の低迷について、消費者にとって魅力的な新しい要素に乏しいことやユーザーの二極化などが根底にあると見ている。

 なお、2006年におけるPCの出荷台数の上位5社は1位がNEC(前年比6.7%減、シェア20.0%)、2位が富士通(前年比2.4%減、シェア17.8%)、3位がデル(前年比14.5%、シェア13.6%)、4位が東芝(前年比6.6%増、シェア10.2%)、5位がソニー(前年比3.3%増、シェア6.6%)で2005年からの順位の変動はなかった。

 上位5社ベンダーの中で唯一、2ケタ成長だったデルは価格競争で他社をリードしたことに加え、防衛庁(現・防衛省)の大規模案件を受注したことが貢献した。

 同社では2007年について、1月30日よりVistaが一般向けに提供開始することからPCを買い控えていた個人ユーザーの需要増加が期待できるほか、2007年後半には大規模企業市場の一部で買い換え需要の増加が期待できることからPC市場は出荷台数でプラス成長に転じると予測する。

 ただ、Vistaの発売開始当初の影響は限定的であること、法人市場全体が本格的な買い換えサイクルに入るのは2008年であることから、成長率は1ケタ中盤程度にとどまる見通しとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化