編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

地銀のICキャッシュカードを、地元商店街などの会員証と統合--DNPが新システム

ニューズフロント

2007-02-05 20:33

 大日本印刷(DNP)は2月5日、地方銀行などの金融機関が発行するICキャッシュカードを、地元のスーパーマーケットや商店街の会員証として利用するシステム「FeliCaポケット・金融パッケージ」を、2月13日より販売開始することを発表した。

 DNPによると、最近では地銀でもFeliCaを採用したICキャッシュカードの発行が本格化し、付加価値サービスとして電子マネー機能の提供が進んでいる。一方、スーパーや商店街ではFeliCaを使った電子マネー機能付き会員証の発行が活発になっているという。

 このシステムでは、ソニーが開発したポイントやクーポンなどの統合管理アプリケーション「FeliCaポケット」を採用し、銀行の提携店舗が発行する複数の会員証の機能を、1枚のICキャッシュカードに集約できる。地銀にとっては顧客の利便性が向上するほか、地元企業との関係を強化できる。また、店舗にとってはカード発行の費用を抑えられるという利点がある。

 システムは、FeliCaポケットを搭載した接触/非接触方式両対応のICキャッシュカードのほか、店舗向けの専用ICカードリーダライタ、会員管理アプリケーションで構成する。リーダライタには、POSレジの改造が不要なスタンドアローン型の低価格モデルを用意し、店舗の導入を容易にするという。DNPでは、2007年度から2年間で10億円の売上げを見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]