編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

日本オラクル、オンデマンド事業の新モデル「@Oracle」の本格展開を開始

CNET Japan Staff

2007-02-06 11:11

 日本オラクルは2月5日、「Oracle On Demand」の新モデル「@Oracle(アット・オラクル)」の国内提供を本格的に開始することを発表した。同日より、@Oracleの第一弾として同社のビジネスアプリケーション製品「Oracle E-Business Suite」向けのオンデマンドサービス「EBSO@Oracle(イービーエスオー・アット・オラクル)」の提供を開始する。

 日本オラクルでは、企業のOracle製品を同社の専門エンジニアが24時間×365日運用管理するサービス「Oracle On Demand」を2003年より提供開始。顧客が自社に導入した「Oracle Database」「Oracle E-Business Suite」に対して運用管理サービスを遠隔地から提供する「@Customer(アット・カスタマー)」モデルを展開していた。

 今回、提供を開始するEBSO@Oracleは、Oracle E-Business Suiteを導入するにあたり、インフラとなるハードウェアやOSもオラクルが運用管理するホスティング型の新サービスである@Oracleのサービスのひとつ。

 EBSO@Oracleの提供により、Oracle E-Business Suiteの運用管理はもちろん、インフラとなるハードウェアやOSをオラクルのデータセンターで管理することが可能。企業の運用管理レベルを向上し、初期投資、運用管理コストを大幅に低減できる。

 同サービスは、テキサス州オースティンにあるOracleの「オースティンデータセンター」によりホスティングサービスを提供する。利用企業は、Oracle E-Business Suiteのライセンス費用とEBSO@Oracleの費用のみで、業務アプリケーションから、ハードウェア、OS、ハウジングなどインフラにわたるまで、24時間×365日体制で運用監視、管理、バックアップ、トラブル対応のサービスを利用できる。

 日本では、ゲイツ・ユニッタ・アジア(大阪市浪速区)がEBSO@Oracleにおける、会計、調達、受注管理、ロジスティクス/サプライチェーンなど、Oracle E-Business Suiteの採用を決定し、本番運用に向けて最終準備中という。

 EBSO@Oracleのサービス料金例は、「EBS プロフェッショナル・アプリケーション・ユーザー」が1ユーザーあたり年額22万5000円、月額1万8750円、「EBS セルフサービス・アプリケーション・ユーザー」が1ユーザーあたり年額3万円、月額2500円となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]