編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

R&W、HTMLデータをデータベースに自動で取り込めるサービスを開始

CNET Japan Staff

2007-02-08 20:25

 R&Wは2月7日、HTML形式のデータをデータベース(DB)に自動で取り込める「HTML2XML2DBソリューション」システムを開発、サービスを開始したと発表した。

 HTML2XML2DBソリューションは、HTML形式のデータをDBに自動で取り込めるサービス。HTML上のデータをピンポイントで検索し、メタデータ化および構造化することでリレーショナルデータベースなどDBに移行できる。またこの際、R&WのDATABOYテクノロジーにより、HTML上のデータをメタデータ化し、タグ付け、構造化したコモンXMLに変換を行う。

 サービスの提供形態は、既存のHTMLデータをXML化、データベース化する「既存HTML資産のXML&DB化サービス」と、更新HTMLの定期的なDBへの自動取り込みを行う「HTMLデータ定期取り込みサービス」の2種類が用意される。R&Wでは、このシステムを使用した情報サービスも検討しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]