編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士通とFASOL、大規模基幹系システム構築向け開発ツール

WebBCN (BCN)

2007-02-15 10:55

 富士通(黒川博昭社長)と富士通アドバンストソリューションズ(FASOL、 谷口典彦社長)は、大規模基幹系システム構築向けの開発ツール「Open BAGLES」を発売した。

 「Open BAGLES」は、「表形式で業務内容を記述することで、プログラムや 管理ドキュメント群を自動的に生成する」という特徴がある。汎用機用のベー スの開発ツールで、83年に提供を開始した「BAGLES」を発展的に継承、マルチ プラットフォーム化(Linux、Solaris、Windows)したもの。開発者が業務用 語で仕様書を作成するだけで、プログラムや管理ドキュメント群を自動的に生 成する。これまでのCOBOLによる開発と比べ、最大30%以上の生産性向上が可 能だという。

 さらに、業務仕様書とプログラムの完全一致により、メンテナンス負荷を軽 減。標準化の徹底により、高品質なアプリケーション開発を支援する。ベテラ ンの業務ノウハウの継承にも利用でき「2007年問題」対策にもなる上、業務仕 様書ベースの開発やテストにより、作業効率が大幅に向上する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]