編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

東京ベイ舞浜ホテル、ソフトブレーンの「eセールスマネージャー」を導入

CNET Japan Staff

2007-02-20 11:14

 ソフトブレーンは2月19日、東京ベイ舞浜ホテルが同社の「eセールスマネージャー」を導入したことを発表した。舞浜ホテルでは、2007年3月3日のホテルオープンに向けて、開業準備室を設置し、開業日からフル稼働を目標に活動している。

 今回のシステム導入は、少人数で全国的な営業活動を展開する営業スタッフの業務効率をアップすることが目的。リアルタイムな情報共有、プロセス管理、および分析機能を評価して採用した。

 同ホテルがeセールスマネージャーを採用したのは、(1)リアルタイムな情報共有、(2)プロセス管理というコンセプト、(3)客観的な分析――の3点による。

 少数精鋭で全国を飛び回る営業マンにとって、会社で業務報告をするには、タイムロスが生じるうえに負担も大きくなりがちだ。こうした点を解消するために、(1)のメリットが挙げられる。eセールスマネージャーは、出張先からPCや携帯電話で簡単に報告ができることから、ストレスフリーで最新の進捗情報を共有することが可能となる。マネージャーもリアルタイムに各営業マンの進捗確認ができるため、現状把握や的確な指示につながるとしている。

 同ホテルでは、ワンマンプレーヤーは必要とせず、組織全体の総合力を高めることを目標としている。eセールスマネージャーが、「設計→実行→計測→改善」というPDCAサイクルを繰り返し実行することが可能となっている。これにより、業界、業種を選ばず、最も効率の良い営業プロセスを見つけることができる。このことが(2)のメリットにつながっており、このプロセスを実行することにより、組織全体のボトムアップにつなげることができる。

 eセールスマネージャーは、分析に必要なデータを日々の業務報告から収集することができるようになっている。選択方式で入力するため、客観的に情報収集ができ、いろいろな角度から、表やグラフとして表示することができる。これにより、一日の活動を可視化することができ、改善ポイントを探ったり、個々の特性を活かした適材適所の人事配置が可能となっている。これが(3)のメリットだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]