編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

NTTデータイントラマート、Web 2.0対応グループウェアの新版をリリース

CNET Japan Staff

2007-02-28 19:40

 NTTデータイントラマートは2月28日、大規模対応グループウェアの新版「イントラネット・スタートパック ver.6.0」をリリースした。価格は、50ユーザーまでで100万円。

 新版では、Ajaxの採用で操作性を向上させ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)機能を搭載。機能の技術仕様公開により、SOAにも対応した。ウェブシステム開発フレームワーク「intra-mart WebPlatform」を基盤として動作する。

 intra-martは、ウェブシステム構築のための商用フレームワーク製品群の総称。アプリケーションサーバやJ2EEフレームワーク、ビジネスモジュール群からなり、数多くの企業のウェブ基盤構築に採用されている。

 このフレームワークを基盤として動作する、グループウェアや文書管理システムなどの業務アプリケーションシリーズも多数提供されており、ワークフロー機能と合わせてERPのフロントシステム基盤として、またNotesのリプレース製品として、活用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]