IBM、「WebSphere Portal」に「Google Gadgets」を組み入れ可能に

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年03月01日 10時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMとGoogleが、ガジェットと呼ばれるミニアプリケーションで提携した。両社は、これまで主に個人ユーザー向けに提供されてきたガジェットを企業ネットワーク向けに提供する意向だ。

 両社は米国時間2月28日、ビジネスユーザーがIBMの「WebSphere Portal」から「Google Gadgets」にアクセスできるようにするための提携を発表した。

 IBMでは4月より、WebSphere Portal上でGoogle Gadgetsを検索し、IBMのソフトウェア上で動くように設定可能にするための「IBM Portlet for Google Gadgets」を提供する計画だ。今後は営業担当者が販売アプリケーションから取り出した顧客情報をGoogleのウェブベースのマッピングサービスに記入するなどの利用例が考えられる。

 IBMのポータルおよびウェブインタラクションサービス担当バイスプレジデントLarry Bowden氏は、Google GadgetsをWebSphere Portalに組み込む理由について、消費者向けのウェブツールに対する企業の関心が高まりつつあるためと説明する。

 他のビジネスソフトウェア企業と同様、IBMも、ブログやWikiをはじめとする人気のウェブプログラムを組み込んだウェブベースのコラボレーションソフトウェアを開発している。一方のGoogleは、既に検索アプライアンスを企業向けに販売しており、ホステッドアプリケーションの取り揃えも拡大している。

 「Googleは本プロジェクトに必要なAPIをわれわれに開示しており、人材も投入している。シームレスで使い勝手のよい機能が実現する」とBowden氏は述べる。

 Google GadgetsはIBM製ポータルソフトウェアのコントロール下にあるブラウザ内で動作する。そのため、顧客は、ネットワークアクセスセキュリティやデータバックアップなど、企業にとって重要な機能を適用できると、Bowden氏は述べる。さらに、従業員がGoogle Gadgetsを使いながら住所や氏名などの情報を社内ネットワーク上に保存することも可能になると、同氏は加えた。

 IBMのソフトウェアは現在、Google以外のガジェットとは連携する予定はない。だが、Bowden氏は提携先を拡大していきたいとの意向を示している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化