Google Appsのもう一つの意義〜ポータルは死んだ(新着ブログより)

吉田健一(リアルコム)

2007-03-02 16:14

 Google Appsの話題がホットである。メディア記事の多くは「Googleがマイクロソフトオフィスと激戦」「本格的なSaaS参入」といったトーンであるが、Google Appsにはもう一つ大きな意義がある。それはエンタープライズ2.0時代のポータル、すなわち「マッシュアップポータル」の到来であり、これまでのポータルに対する死刑宣告でもある。

 ちょうどここ1週間で、いつも参考にさせていただいているみずほ情報総研吉川さんのブログやアリエルネットワークス徳力さんのブログでも、エンタープライズ2.0時代のポータルとして「Startpage」や「パーソナライズドホーム」に関するエントリーがあったことも、このテーマが注目を集めていることの証左であろう。

 こうした2.0時代のポータルのことを総称して「マッシュアップポータル」と呼び、Google Appsが投げかける意義について説明してみたい。

(全文はこちら--「エンタープライズ2.0への道しるべ」)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]